超軽量背面ケースの作成

管理人はペンを使うこともあってか机の上に置いて使ったりすることも多いのですが、そんな時背面にキズが付かないかと心配になっていつも何か下に敷いて使っています。また、使い終わった時にポンっと机の上に置いたり、そんな時もやっぱり背面が気になります。
もうちょっとラフに使えないものかと以前から思っていてカバーやケースを付けたりもしていましたが、やっぱり重い。ディスプレイは保護シートを貼っていて、持ち歩きの時はスリーブに入れていることもあって、背面だけの軽量ケースやカバーがあればと思っていたところ良い感じの物を見つけました。


RIMG0003.JPG RIMG0002.JPG
左の写真は背面カバーの部分だけの重さを量ったもので、単体で56gでした。Vivotab Note 8本体と合わせても450g以下と軽量です。

RIMG0012.JPG RIMG0010.JPG
カバーを着けた状態の表と裏。風呂蓋カバーで使われている背面のケース部分よりも薄く、磁石も入っていないのでデジタイザへの影響もありません。
ペンの出し入れや各ボタン等へのアクセスも問題なしです。

RIMG0008.JPG
元々は真中の黒く丸い輪の部分が噛み合って、そこを軸に回転する仕組みとなっていました。
これを引っ張って外してしまえば、写真のようにバラバラになります。
(管理人はちょっと欠けてしまいましたが・・・)

決して高級感はありませんが、質感もそれほど悪くありませんし、机の上に置いても本体が安定してくれます。
何より、気軽にポンっと机の上に置けるのが良い感じです。

  • 最終更新:2015-06-15 14:35:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード